« 立教大学史学会シンポ、「近世近代移行期の海域世界と国家」 | トップページ | シンポジウム「文化論的転回とアメリカ史――『転回』以後を考える」 »

サッカー・パパコーチも投票に行くわけ

子どものサッカーチームのパパコーチをやってます。なかみは、応援と球拾いですけどね(技術面はチームOB中心のちゃんとした「コーチ」陣がいます)。そんななんちゃってパパコーチとして、今回の選挙はちゃんと行きたいぞと思い一筆。

野球とテニスで育ったもんでサッカーはド素人。でもうちのチームのサッカーがなかなか楽しいのはわかります。弱いんですけど、地域で長く続いているチームで、子どもが自分で考えてプレーできるようにという方針がぶれないのに感心。お仕着せじゃなくて、自分でサッカーを楽しむ<自由>を手放さないのです。

ほら、試合になると、あぁしろこうしろとか指示したくなるじゃないですか。それはかたくなにやらない(たまにやっちゃうと後でコーチがへこんでる)。練習はけっこう走るし、基礎技術もしっつこくやりますが、それはひとえにゲームのときに子どもが自分を表現する土台として。子ども同士が声かけあいながら、感じあいながら、ゲームを展開するための肥料として。戦術的な約束だってあるけど、ピッチに立ったらきみらでやりなと。

エリートチームじゃないけど、長年やっているうちに身につけた方法みたい。卒業後も子どもたちがどうなっていくかをみているうちに、手近の一勝、目先の「強いチーム」じゃダメだなと思ったらしい。けっこうカッコいいんです。

で、ここのパパコーチたちと呑んで酔っぱらうと、「どうやったら強くなるかね、うまくなるかね」的な話題に毎回なるわけです。わたしド素人ですから、技術的なことはわかりまへん。ニコニコして無口にグラスをなめてます。

でも内心思っていることはあり。「ピッチの外を整えるってのがあるんじゃない?自由な社会をつくるのが大事よ。パパたちママたちにできることってそれじゃん?」って。

ぼくらは、子どもたちが自分の頭で考えて、こころで感じて、のびのびプレーするのを望んでます。コーチの指示にただ従うコマじゃなくて、ひとりのプレーヤーとして、いまも卒業してからも自由に楽しくサッカーしてほしい。だからパパコーチにできることのひとつは、そんなあふれるような自由が尊重される社会を編んでおくことじゃないか。これはパパママにこそできることなんで、まずは投票行きましょうよと申し上げたい。

投票の基準は、うちのチームの子どもたちがずっとかれららしくいられること。それは煎じ詰めると<自由>というやつです。好きな候補に入れたら良いけど、<自由>を子どもたちからかすめ取ろうとするやつらはNG。

ピッチ上の<自由>のためには、うそ、ごまかしの蔓延はイヤ。子どもたちはがんばるわけです。昨日の練習は活きたかな、今日の試合はどうだったのって、きっちり納得がいってから、よしじゃあ今度の大会ではこうしてみるかと思い定める。<自由>には、こういう評価・判断とその材料が要ります。でも、そこはまぁずるずるで良いんじゃなぁいという社会だったらどうでしょう。

身も蓋もなく書いちゃいますが、難航アベノミクスをなんとか粉飾しちゃえ式のやり方はダメです。

「それ世界経済のせいで~す」「な~んちゃって、そんな発言はしませんでした~」「株式市場に投じた年金資金の損失額?選挙が終わったらお知らせしますよん」とか言っちゃう。議事録の書き換えがOKの議会は、いったいなにを記録して、決定を後からどうやって評価するんですか。そういう悪風は断っておかないと。

選挙をするのに、選挙が盛り上がらないように争点隠しするのも勘弁して欲しい。そういうことがまかりとおる社会で、子どもはいったいどうやって判断をするのですか。ピッチに立ったときに、「あ、このゲームのね目標はねぇ、まぁそのなにかな、ふぁはっ、ま、適当にやってよ」とかがまかり通ったら、子ども困るでしょ。設定してあった約束を「新しい判断」とかなんとか意味不明の言い訳で反故にするような社会で、クリエイティブなプレーできます?

で、選挙終わったら、はい実は一番熱心にやりたいのは「経済で結果を出す」じゃなくて憲法改正でしたぁって言うでしょ?もうすでに不誠実さ丸出しの伏線張ってますもんね。今のところ詳細論点はないけれど、秋の国会から改正点ひねり出しますってなにそれ。不備があるから改正するのじゃなくて、なにしろ改正したいとだけ思っていてその修正点は後から考えますって、馬鹿にしてます?試合前のミーティングで話題にしなかったことを、試合になったら勝手にやるぞやるぞと言い出すコーチ?ひとの話を聴く気がないし、対話するつもりがないし、なにさまですか。大事な相談は儀式みたいにやり過ごして、あとはお仲間でつるんで好き勝手ですか。そんなところで子どもが、プレーじゃなくて、創意工夫じゃなくて、長いものに巻かれてコネで生きてこうなんて言い出したら悲しい。

四文字熟語がいかめしい「立憲主義」は小難しい法理論じゃない。でたらめ政治の先に大きくなった子どもたちを迎える雇用、安心、豊かさ、ありますか。大人ってこんなもの、社会なんてでたらめだっていうメッセージを子どもたちに送りたくなんてない。政治家たちに内輪で好き勝手やらさないのは、子どもたちの<自由>を生活でも政治でもピッチの上でも守っていくための一歩。

好みの候補者に入れれば良いです、でも現与党は論外だとわたしは思う。主義主張、思想信条、政策論争のはるか手前でめちゃくちゃです。パパコーチとしては、こんなのがまかりとおる世界でサッカーはつまらなくなるのは許せない。子どもたちののびのびプレーに、「もっとお上に忠実なプレーで時勢にあわせてよ」とか注文がつかない状況を用意しておきたい。「一億総活躍」とか言いながら、子どもひとりひとりじゃなくて、お国のために活躍しろよとすごむようなやつらは信用しない。世のサッカーパパ、サッカーママよ、ここはひとつ投票所へ。棄権は組織票の誰かに票をあげちゃうのとほぼ同じ。ぼくらの手で、子どもたちに<自由>を。

わぁ長くなりました。こんなん誰が読んでくれるんだ?でも、愛すべきパパコーチ、サッカーママたちに向けて書いています。わたし職種がこんなんだったり、見た目がくそまじめなんで(中味ぐだぐだなのに)、気を遣われちゃうんですよ。わたしもグランドではなんも考えずにボール蹴って遊びたいと思うので、政治とか社会の話はふれないんです。でも、それって、大事な子どもたちのためにできることをやってないってことかと反省。選挙までにまた飲み会があったら、今度はこんな話もしてみたいなぁ。(えっ、そんなヒマがあったら、〆切落ちの原稿まずやれ?書きます、カキマス、もうしばしご猶予をぅ。)

|

« 立教大学史学会シンポ、「近世近代移行期の海域世界と国家」 | トップページ | シンポジウム「文化論的転回とアメリカ史――『転回』以後を考える」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/63807859

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー・パパコーチも投票に行くわけ:

« 立教大学史学会シンポ、「近世近代移行期の海域世界と国家」 | トップページ | シンポジウム「文化論的転回とアメリカ史――『転回』以後を考える」 »