« 池袋のへそ―立教、ファースト・インプレッションズ2 | トップページ | 「自由な社会」を守れ―この強行採決は認められない »

シンポ「近代の編成原理―イギリス、アメリカ、日本における組織、倫理、専門知」 立教大学史学会大会

2015年6月20日(土)
14:30から立教大学池袋キャンパス 5号館5121教室にて

■「底辺」からの産業革命―長い18世紀イングランドの中間団体と貧民(長谷川貴彦)
■ 医療、福祉、社会運動の境域で  ―20世紀初頭ニューヨークの訪問看護婦たち (松原宏之)
■ 規律と実践のあわい―戦時期日本における子どもの食べることをめぐって (宝月理恵)
■ コメント 高林陽展

12:35からは自由論題報告も。
12:35 隆慶和義とその意義 大 晶(立教大学・院)
13:05 近世の諸メディアにおける「女今川」―歌舞伎・浮世絵・双六
安田千恵美(立教大学・院)
13:35 産業革命期イギリスの非国教徒説教師ジョージ・バーダー
桑山裕佳子(立教大学・院)

|

« 池袋のへそ―立教、ファースト・インプレッションズ2 | トップページ | 「自由な社会」を守れ―この強行採決は認められない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/61764493

この記事へのトラックバック一覧です: シンポ「近代の編成原理―イギリス、アメリカ、日本における組織、倫理、専門知」 立教大学史学会大会:

« 池袋のへそ―立教、ファースト・インプレッションズ2 | トップページ | 「自由な社会」を守れ―この強行採決は認められない »