« イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第五回 グローバルスタディー ズ・プログラム | トップページ | 【学内】 グローバルスタディーズ・プログラム、トロント(カナダ)班募集 »

9月27日 アメリカ史学会、シンポジウム「第一次世界大戦とアメリカ」

今週末のアメリカ史学会年次大会、わたしもシンポジウム「第一次世界大戦とアメリカ」でお話しします。タイトルは「第一次世界大戦経験の政治文化史―革新主義運動の高潮、頓挫、余波」。土曜午後、亜細亜大にて。

14:00~17:30  
シンポジウムA 第一次世界大戦とアメリカ(521教室)
司会:
青野利彦(一橋大学)

報告:
西崎文子(東京大学) historyとhistoriographyのあいだ―「新外交」をめぐる考察

一政(野村)史織(中央大学) 越境的な民族・国家像の形成とアメリカ化
               ―第一次世界大戦とアメリカ合衆国の移民

松原宏之(横浜国立大学) 第一次世界大戦経験の政治文化史
            ―革新主義運動の高潮、頓挫、余波

コメント:
高原秀介(京都産業大学)
佐々木一惠(法政大学)

|

« イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第五回 グローバルスタディー ズ・プログラム | トップページ | 【学内】 グローバルスタディーズ・プログラム、トロント(カナダ)班募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/60374865

この記事へのトラックバック一覧です: 9月27日 アメリカ史学会、シンポジウム「第一次世界大戦とアメリカ」:

« イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第五回 グローバルスタディー ズ・プログラム | トップページ | 【学内】 グローバルスタディーズ・プログラム、トロント(カナダ)班募集 »