« 拙著上梓 | トップページ | 9月27日 アメリカ史学会、シンポジウム「第一次世界大戦とアメリカ」 »

イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第五回 グローバルスタディー ズ・プログラム

グローバルスタディーズ・プログラム大学院版、調査報告会。

イクメン人類学の行方やいかに!?「育児する男をつくれ」政策の現場を参与観察してみえてくるもの。

日時:8月21日 10:00~11:00
場所:横浜国大第一研究棟319
報告:Nicholas Feinig(トロント大大学院 人類学部)

ぜひお越し下さい。

|

« 拙著上梓 | トップページ | 9月27日 アメリカ史学会、シンポジウム「第一次世界大戦とアメリカ」 »

大学院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/60179633

この記事へのトラックバック一覧です: イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第五回 グローバルスタディー ズ・プログラム:

« 拙著上梓 | トップページ | 9月27日 アメリカ史学会、シンポジウム「第一次世界大戦とアメリカ」 »