« しばしお休み | トップページ | 映画いくつか »

絶対オススメ、『ぜんぶ、フィデルのせい』

おお、日本にも来たか。オススメします『ぜんぶ、フィデルのせい』。一月十九日公開、恵比寿ガーデンシネマ。

タイトルがねぇ、フィデルじゃ分かる人が少ないんじゃないかな。フィデル・カストロ、世界に残った数少ない社会主義国キューバの指導者ね(『カストロなんか大っ嫌い』くらいに変えたらどうだろ)。でもカストロは出てきません。70年代フランスを舞台に、「フィデル」という愛称でぴぴんと来てしまう人がたくさんいた頃に、そんな大人にふりまわされて頭にきたわと反逆する小学生の女の子アンナの話。

お話としても粋でキュートで楽しめますが、「社会」やら「世界」とやらの向き合い方を考えさえられてしまう佳作。あえて分類すれば「社会派映画」なんでしょうが、「社会派」とか「左翼・サヨク」とかをいったん徹底して皮肉に描ききったところから全然別のメッセージが立ち上がってきます。大好きな一品。

|

« しばしお休み | トップページ | 映画いくつか »

松原」カテゴリの記事

コメント

朗報。黄金町のシネマ ジャック&ベティで5月10日(土)~5月23日(金)上映とのこと。

投稿: 松原 | 2008/04/04 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/17620076

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対オススメ、『ぜんぶ、フィデルのせい』:

» 「ぜんぶ、フィデルのせい」少女の目から見た革命 [soramove]
「ぜんぶ、フィデルのせい」★★★ ニナ・ケルヴェル、ジュリー・ドパルデュー主演 ジュリー・ガヴラス監督、2006年、イタリア、フランス、99分 ちなみに「フィデルのせい」って誰だよと 思っていたら革命家のカストロのことだそうで、 彼はフィデル・カストロ...... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 22:36

« しばしお休み | トップページ | 映画いくつか »