« 報告、「タウンミーティング!教育基本法」 | トップページ | 『ハッピーフィート』、ラティーノ、そして黒い大西洋 »

映画「善き人のためのソナタ」

オススメできます、映画「善き人のためのソナタ」。

ベルリンの壁が崩れるとはまだまだ思いもよらない1984年の東ドイツが舞台。劇作家を盗聴することになった治安維持警察(国家保安省)職員を追ううちに、監視社会の機微を少し感じさせられます。フィクションですが、妙に説得力あり。監視国家なんていまひとつ実感が湧かなかったりもしますが、こうやって示されるとある種の合理的な選択の連鎖がその途方もない社会をたしかにつくりだすのだと納得させられます。

このところの日本社会の雲行きがあるだけに、いま上映するセンスに拍手。がんばっている渋谷の映画館、この作品はシネマライズにて。ところで、これはドイツの今ではどんな受け止められ方になるのでしょう。

|

« 報告、「タウンミーティング!教育基本法」 | トップページ | 『ハッピーフィート』、ラティーノ、そして黒い大西洋 »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/13991190

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「善き人のためのソナタ」:

« 報告、「タウンミーティング!教育基本法」 | トップページ | 『ハッピーフィート』、ラティーノ、そして黒い大西洋 »