« NYは誰のもの | トップページ | 中国の宗教事情 »

「北朝鮮ミサイル」への反応

ちょっと出かけていました。

やれやれ、北朝鮮ミサイルですか。北朝鮮政府はいったいどういう計算をしたのやら。日本社会を軍事化したい人たちは小躍りしているでしょう。本格戦争をしかける体力を明らかに持っていない国が挑発だけは続けてくれるのですから、これは使いやすいカードです。軍備強化、日米同盟強化、憲法「改正」と、やれることは目白押し。小泉後の外交をめぐって踏み石を置かれそうだった候補者もにんまりでしょうか。

ところで、国内政治的には使いやすいのですが、国際政治においてはどうでしょう。

ひとことで言って、手詰まりです。

「国益」にとって大事なのは、東アジア地域の安定を確保できるかの一点に尽きます。いつか来るかも知れない北朝鮮の崩壊やら大混乱の影響をどうやって軟着陸させられるかはその要石でしょう。その軟着陸のためにどんな種類のカードやチャンネルをどれくらい用意できるか。問いはここに帰着します。そしてそう問うたときに、今回のミサイル挑発とそれへの日本政府の対応は、「北朝鮮大嫌い」という同じカードをここ数年と同じように使っているだけ。もったいないことです。

北朝鮮は孤立を深めましたが、仮に日本が制裁一本槍で行くだけなら、実は日本政府も孤立しかねません。東アジア地域軟着陸というややこしいパズルを組み立てないといけないテーブルで、ある特定のパーツにだけしか反応しないやつがいると、それはちょっと二流プレイヤーなわけです。北朝鮮はもとより、東アジア諸国と細いパイプしか持たない日本が、またいつものようにアメリカ頼りで大声か、と。

ぱらぱらと朝日や読売のサイトを眺めただけですが、こんな雰囲気が果たして日本国内にも伝わっているのかしらんと心配です。官邸が国内向けに流す情報だけを見て、見誤らないのを祈ります。少なくともアメリカの反応はしらけているというか、腰がひけていると言ったところ。日本に噛ませ犬をやらせているあいだにさぁてどうしようかなぁといったところ。

|

« NYは誰のもの | トップページ | 中国の宗教事情 »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/10855069

この記事へのトラックバック一覧です: 「北朝鮮ミサイル」への反応:

« NYは誰のもの | トップページ | 中国の宗教事情 »