« 君が代問題 | トップページ | 選挙とブログ »

ハリケーンが直撃したのは

驚いています、ハリケーン「カトリーナ」の被害の大きさに。

随分大げさに避難したりしているな程度に思ってほとんどニュースも見ていなかったのですが、ちょっと様子が変です。いくつかのニュースビデオクリップを見ると、大変だけれども呑気に救助を待っていられる層と、家や家族を失っている層と、もうひとつニューオリンズなど都市部でほとんど打ち棄てられたようになっている層に気付きます。この最後の層は何なんだ?ケアの対象になっていないかのよう(大手メディアにしては珍しく、控えめながらも、打ち棄てられた死体を写していました)。天災というのでは片付けられないのかもしれない。ひとまずCNNのトップページにリンク。

続報。この日(二日)は日本のメディアも貧困層への打撃を相次いで取り上げていました。まだ事情をつかみきれないようで、一方では棄民というような伝え方で、他方では「獣のよう」とも。それにしても、いったん秩序を失うとこうも荒れてしまう社会なのにあらためて驚き。それを制するのに警察や行政でなく、一足飛びに軍隊・州兵が少ない(つまり十分な暴力がない)と言い切るその見方もまた。

|

« 君が代問題 | トップページ | 選挙とブログ »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/5746902

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーンが直撃したのは:

« 君が代問題 | トップページ | 選挙とブログ »