« 衆議院総選挙 | トップページ | バリのテロ »

選挙報道

橋本君、ごくろうさま。

試しにワシントンポストで日本関連記事を探してみると興味深い。ほとんど出てきません。選挙中も選挙後も。それに、記事の中味が薄いのも目につきます。橋本君紹介の記事を見ても、日本の新聞をさらっと読んでハイどうぞくらいの記事。

いくつかのことを示唆するように思えます。思いつくままに。
○日本への関心が非常に低い。選挙の結果がどうあれ、アメリカに関わる限りでは大した違いはないという見切りがひとつにはあるでしょう。
○同時に、興味を占めているのは、中国との関係ですし、六カ国協議などは東アジア秩序との関連であつかいが大きい。このとき日本は何のカードも持っていないのでとくに取材する理由がありません(なにはともあれ拉致の話にふれておけばひと安心といった風の日本外務省筋の発表やらそれをオウム返しする日本メディアはもの悲しい。ちなみに、国連関連の報道がどうなっているかもどなたかご確認を。「安保理入りに意欲」とか報じられていましたが、戦略も根拠もない「意欲」の行方は?)。

○ということは、与党にせよ、野党にせよ、例によって対外的な広報戦略は眼中に無し。国内の選挙なのだから、国内にだけ訴えれば良いということでしょうか。それでうまくいくような状況かは要検討。

○WAポストもNYタイムズも在日特派員の質が低い。「コイズミ=改革」くらいのまとめ方です。「コイズミ改革」とかいう連呼は「リフォーム詐欺」なのではとあちこちで言われ続けていますが、そのあたりはカバーされません。取材力がないのか、日本社会への興味がないのか、いずれにしても、この程度の報道しかされないのかとあらためて確認。

経済紙あたりは多少違う角度から見ているのかもしれない。

|

« 衆議院総選挙 | トップページ | バリのテロ »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/6039616

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙報道:

« 衆議院総選挙 | トップページ | バリのテロ »