« サイゴン陥落、30年記念式典 | トップページ | 英国総選挙、論調は?メモ »

イギリス総選挙

対抗馬弱体でブレア労働党の圧勝かと思われたイギリス選挙、このところ相次ぐイラク戦関連の報道でずいぶんともつれてきました。投票を直前にひかえて、アメリカのメディアも報道量が増えてきました(WAポストのコラムがリンクの多い情勢分析、五月三日付)。ブレア陣営の失点など、本格的論戦というよりムードが前面に出ているようで、なにやら日本の「二大政党制」の様子と似ていなくもない。

先日TBしてくれた方がいましたが、そのページでも紹介されていたベトナム戦後遺症児の写真はBBCでのあつかいも大きかったですね。衝撃的な一枚の写真。

小さなニュースですが、ちょうど良いので一言。このところ、日本のメディアでは前国務副長官アーミテージ氏の発言や、自民党阿部氏のライス会談などを割に大きく報じています。が、この手の記事が米メディアでどの程度報じられているかはすぐにちらりと確認しておいてください。探すのに困るくらいだったりもします。報道の重点が違うこともあります。今回はどうでしょうかね。(読む前に鼻は利かせておいて下さい。現職をひいた人とか、無役の中堅政治家とか、どの程度のものなのかは想像を。)

|

« サイゴン陥落、30年記念式典 | トップページ | 英国総選挙、論調は?メモ »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/3974130

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス総選挙:

« サイゴン陥落、30年記念式典 | トップページ | 英国総選挙、論調は?メモ »