« アッバス首相訪米決定 | トップページ | Space Weapon Programs »

15-16日

論調を追うひとつの方法は、各紙一面をながめることでしょう。とりあえずNYタイムズの一面画像
十六日は目白押し。
ライス氏のイラク訪問、北朝鮮核問題(このところ随分大きく取り上げています。ブッシュ政権とマスコミの意図は要検討)、そしてニューズウィーク「誤報」(これ、ちょっと前にもCBSの看板キャスターが降板させられたのを思い出してしまいます。本当に誤報だったのか、情報操作だったのか。これもどなたか読んでおいて)といったあたり(17日、ポストは米軍がコーランの取り扱いについて慎重なガイドをつくっていたとレポート)。
NYタイムズの特集シリーズ、「階層格差」が今日も。これ誰か目を通して下さい(長いので簡単にで良い)。

十五日、米軍基地削減はNYTWAP両紙のトップ。
見出しからすると、失業問題(地域産業の喪失)としてとらえている様子。同日のNYタイムス社説は基地削減を評価しているが、その論点は効率的な軍備。どこまでもプラグマティックなその見方に日本での事情との違いを思わざるを得ない。本土復帰33周年の15日、沖縄普天間では人間の鎖

WAポスト15日付け社説は、ブッシュ政権の楽観ポーズに疑問を呈してイラク情勢悪化をあらためて指摘。ただし、問題の核心は、反米でなく、正統な政権・治安に対する挑戦の跋扈だと主張。なにはともあれイラクの安定を望むならブッシュ政権批判をしていてもはじまらない、といったところでしょう。もっとも、その結果、責任主体をイラク新政権に求めることになるわけで、その割り切れなさが泥沼をいっそう深めるよう。

なかばヒマねたですが、16日、イギリスのガーディアン紙は『スターウォーズ』最新作をルーカスによる米国批判として紹介。これは軽いですね、どなたか読んでおいてください。

|

« アッバス首相訪米決定 | トップページ | Space Weapon Programs »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/4139387

この記事へのトラックバック一覧です: 15-16日:

« アッバス首相訪米決定 | トップページ | Space Weapon Programs »