« 水曜日の新聞記事について | トップページ | 小泉政権 »

ご観察を

ご存知のとおり、日本時間早朝からイラク・ファルージャでは米軍による空爆あり。
死傷者多数、負傷者を運び出すことすら米軍は許可していないとの報。
よくみていないのですが、ざっと追う限り、米紙の反応が遅い。
アルジャジーラとアメリカのNPRの一報は速かったと思います。
NYタイムスでのあつかいは日本時間28日現在依然少。WAポストは伝えていますが随分短い。どういうことだろう。スポンサーが怖いのか?意外にCNNが報道しているようですが、その論調はどうでしょう。

と、書いている間にもアルジャジーラは更新。新たな戦闘が今度は日中から始まったを速報中。

---
と、松原はこのあたりを見ていますが、米紙の関心がイラクだけにあるわけでないとはその通り。
手分けして目配りしてください。
週末はワシントンDCでの中絶の権利を求める巨大デモが一面をさらっていました。

|

« 水曜日の新聞記事について | トップページ | 小泉政権 »

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/507628

この記事へのトラックバック一覧です: ご観察を:

« 水曜日の新聞記事について | トップページ | 小泉政権 »