« 自己責任論争から見える、国家と国民の関係とは? | トップページ | コメント・コメント2 »

コメント・コメント

「自己責任」論をめぐって、たくさんの投稿が出ました。
歓迎します。文字にするのは案外と難しかったでしょうが、文字にすることでわかってくることもあったのでは?

ところで、この種のコメントは「論調分析」と「時評」との合体版と呼べます。

ふだん読む「ニュース」の流れを整理してコメントを加えると「論調分析」になるでしょう。今回は、氾濫した「自己責任」論ものを追いかけた格好。ほかにも例えば、日本では拘束解放に気をとられているけれども、米紙ではイラク騒乱の行方が不安げにフォローされていると整理しても「論調分析」になるでしょう。

「自己責任」論争を手がかりに、日本社会のあり方について考えたりすると、これは「時評」と言えます。
今回は話題のニュースに即して考えましたが、出先でふと気づいたひとこまから説き起こしたり、ぱらぱらとめくっていた本から発想したことを書きつづっても良いはず。いわゆるエッセーですかな。

気が向いたときに、つれづれに書いてくれるのが最上です。

ただし、つれづれにまかせると、書けない人もいるでしょう。週にひとりずつ担当を決めましょう。木曜に指名するのを忘れました。ネット上で悪いですが、決めてよいですか。佐野君に論調分析、内山志野さんに時評、回復したら鍋倉さんはどちらかひとつ、をお願いします。

記者、カテゴリーごとにアーカイブしようと思ったのですが、よくわからない。誰かやってください。

|

« 自己責任論争から見える、国家と国民の関係とは? | トップページ | コメント・コメント2 »

ニュース」カテゴリの記事

松原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25562/491995

この記事へのトラックバック一覧です: コメント・コメント:

« 自己責任論争から見える、国家と国民の関係とは? | トップページ | コメント・コメント2 »